Dreamhopの想い

ストレスチェックデータを資産に変える

ストレスチェックを
適性検査ツールとして
使ってみると新たな発見が
あるかもしれません。

ストレスチェックデータ(集団分析データ)には企業の社風が詰まっています。
組織を構成する従業員の職場や人間関係に関する意識が反映されています。

国が毎年実施を義務付けているため、データの統一性、連続性が担保されており委託業者を問わず日本全国で整合性の取れたデータが確保できます。

このデータを適性検査に活用することで、企業と応募者のミスマッチを回避できると私たちは考えています。

これまでの選考フローにストレスチェックを活用することで、より適切な判断が行えるようになります。

企業が考えている以上に様々な付加価値があるストレスチェック制度です。

このデータを採用分野に活用できるとしたら、これまでの採用業務が変わる気がしませんか?

もしも人材の獲得コストが7割削減され
採用業務が5倍速くなるとしたら?

現在の日本は未曾有の人手不足時代に突入しました。
この現象は少子高齢化による就労人口の減少が最も大きな理由であると言われております。

そして、この超売り手市場は今後もずっと継続していくものと感じております。
これからはどの企業も人材の獲得が経営戦略の最優先事項になると思います。

一方、過去を振り返ってみると、本当に適切な人材を獲得できていたのでしょうか?
自社で活躍していたはずの人材を採用し損ねてはいないでしょうか?

自社の社風にフィットする人材との出会い、書類では分からなかった求職者の強み、遠隔地だったので会えなかった候補者との出会い…

もっと求職者との出会いを促進すれば、思いがけない「人財」と出会い、採用戦略が変わるかもしれません。

従来の採用業務を一変させる進化が成し遂げるとしたら・・・想像するだけでドキドキしてきませんか?

そう考えると採用は企業のイノベーションを促進する原石だと思えてきます。

ストレスチェックを有効活用し採用にイノベーションを起こす。新たな採用ツールを導入するより、ずっと簡単です。

(注)本件で利用するストレスチェックデータは労働安全衛生法で利用が認められている集団分析データです。受検者の特定につながる個人情報を利用するものではありません。

「ストレスチェックの活用」
これからの働き方改革、
採用戦略のスタンダート
となるキーワードです。