img-fit
img-fit

会社紹介:株式会社エンジョイ

「楽しむことから未来を創る」を経営理念にシステムインテグレーション事業、経営コンサルティング、クラウドサービス事業を展開するエンジョイ社。特に自社プロダクト強化のため、クラウドサービス「JOYボイス」を開発し順調に顧客が増加中。それに伴い、システムエンジニアの増員を強化。システムエンジニアの採用を強化する名目で、サイモクを導入いただきました。エンジョイ社が抱える採用課題と導入の決め手とは?採用を担当する執行役員の信田晋佑様にお話を伺いました。

信田晋佑様

導入の背景をお聞かせいただけますか?

信田さん:媒体、紹介会社、リファーラルだけでは採用手法に限界を感じ、新たな採用手法を考える時期に来ていたことがきっかけです。昨今、システムエンジニアの確保が難しく、自社HPからの母集団形成も考えないといけないタイミングであったことも要因です。その際に、ドリームホップの椋野さんとお会いして、採用相談をする中でサイモクを提案されました。色々と調べたのですがコンセプト、利用用途など他社ではない面白いソリューションだったこともあり導入を決めました。

実際、導入の決め手はなんだったのでしょうか?

信田さん:一番は「ソリューションの切り売り」ではなく、しっかりとコンサルティングもしていただいたことですね。我々自身、業績の拡大に伴い、今年度エンジニアの採用を20名予定しています。そういった状況において、しっかりと長期間勤務してくれるエンジニアを採用したいというニーズがあり、その目標を共有して媒体の選定から面接方法まで様々な提案をいただいたことが決め手になりました。

信田晋佑様

今も継続して利用いただけている理由を教えていただけますか?

信田さん:幸先よく2名のエンジニアを採用できたこともありますが、ドリームホップさん自身が若手の採用を成功されていることもあり、一般的な採用コンサルタントでは持ち合わせていない情報、いわゆる「インサイト」をお持ちであることが一番です。媒体選定も我々のような中小企業のニーズを踏まえてアドバイスをいただいたことは本当に感謝しています。

サイモクを導入いただいたことによる実際の効果はいかがでしょうか?

信田さん:一番の効果は「応募を検討している求職者」の動向が可視化されたことですね。これは我々のような採用担当者にとってはとてもありがたいツールです。採用担当者はこれまでのやり方を踏襲しがちなのですが、しっかりとした根拠となる数値やエビデンスを元に母集団形成に持って行けたことが一番大きな変化だったと感じています。短期的な結果だけにとらわれず中長期的に考え、求職者のニーズを拾い上げて打ち手を打っていくというアクションができるようになりました。

信田晋佑様

それは大きな変化でしたね。では最後に貴社の今後の採用戦略を教えていただけますか?

信田さん:弊社では今後もシステムエンジニアの増員を考えています。JOYボイスはおかげさまで店舗系のお客様には好評で、様々な機能追加をお願いされています。そのためまだまだエンジニア不足が続きます。一方、このサイモクは大きなポテンシャルがあると思っています。新卒採用などにも拡大できると思っておりますので将来的には新卒エンジニアの採用にもつなげていきたいと考えています。ドリームホップさんには今後もコンサルティングを含めたおつきあいをお願いしたいと思っております。