img-fit
img-fit

会社紹介:株式会社ユナイテッドマインドジャパン

「外国人採用をあたりまえに」をスローガンに2014年に設立された同社。代表の宮沢様は外資系IT企業を経て食品メーカーの海外事業責任者を担当。海外での事業立ち上げで出会った外国人に触発され、同社を起業。現在、日本企業に対し外国人材の紹介を行なっている。契約企業が増える中、サイモクを導入し事業を強化中。ユナイテッドマインド社が抱える課題と導入の決め手とは?代表取締役社長の宮沢光平様にお話を伺いました。

宮沢様

導入の背景をお聞かせいただけますか?

宮沢さん:日本企業の人手不足から優秀な外国人を採用したいというお声が増えてきました。しかし、国内にいる外国人材の集客、国外にいる外国人材の集客については確立された方法がなく、企業側のニーズにしっかりと答えられていませんでした。特に、企業側は日本語の会話は一定レベルを求められますので、その要件に見合った外国人を探す必要がありました。一方、顧客企業が増える中で自社のマンパワーも強化していく必要に迫られていた中で、サイモクを見つけました。サイモクを利用することで私が考えていた課題を解決する可能性があるのではないかと思い導入しました。

実際の効果はいかがでしたか?

宮沢さん:外国人材の登録、求人に関する疑問点が解消されましたので本当に仕事内容に興味を持った登録人材が増えました。また、外国人材向けのイベントがあり、そこでもサイモクをQRコードに変換してPRしました。やはり、外国人にも珍しかったみたいでブースに立ち寄っていただきました。集客の面では成功したいと思っています。自社採用は直近では入社に至っていないのですが、質問は多く寄せられておりますので時間の問題かと思っています。採用できたかどうかよりも求職者が自社の求人のどこに興味を持っているのかが見える化されたのは採用戦略上助かっています。これは外国人材の集客の面においても同じですが。

宮沢様

今も継続して利用いただけておりますが、継続された理由を教えていただけますか?

宮沢さん:一番は求職者の本音が可視化されたことです。特に面接時に面と向かって聞きにくい質問を匿名化できる機能は素晴らしいと思います。私自身の就職活動を振り返っても、学生が面接時や採用説明会で本音の質問することは勇気がいりますので、それを匿名で質問できるというのは求職者目線に立った商品だと感じました。今後は採用イベント、自社採用など様々な用途で活用していきたいと考えています。

今後のサイモクに期待されることは何かありますか?

宮沢さん:採用媒体との連携を期待したいですね。特に最近の求職者は特定の媒体だけで求職活動はしていませんし、より自分に合った会社や仕事を探す傾向になっていると感じています。しかし、求人票はこれまでも大きな変化がなく盛り込める情報に制限がある。ましてや、動画や画像などの非言語情報は記載できない。1つ1つの求人票に関して文字で表現できない雰囲気や職場環境などを付加してミスマッチを防ぐ取り組みを進めていただきたいと思っています。そうなったら弊社はその媒体しか使わなくなりそうですが(笑)

宮沢様

大きな期待をありがとうございます。では最後に貴社の今後の採用戦略を教えていただけますか?

宮沢さん:弊社は自社スタッフも外国人材の採用を積極的に進めています。外国人の方は日本人よりも仕事内容な条件などにシビアです。面接まで相手の本音がわからず、面接を実施して見送りや選考辞退というのは非効率です。事前にお互いに納得した上で面接を進めることができれば、絶対にミスマッチは減ると思います。自社採用だけではなく人材紹介の場面でもそれは痛感しています。弊社でも、弊社のことを理解して高いモチベーションで働いていただける社員をより多く採用したいと考えています。それを実現するためにドリームホップさんには引き続きご支援をお願いしたいと思っています。