マークシート方式は誤記入が頻発することが明らかに

人事・労務サービスを提供する株式会社ドリームホップ(東京都新宿区、代表取締 役 稲垣義文、以下 ドリームホップ)は、過去のストレスチェック受検者のデータを分析したところ、マークシートより手書きで回答した方が、未記入および誤記入が明らかに減少することが判明しました。

手書きによる回答を採用することで、集団分析データの正確性が大幅に向上し、職場状況を正確に把握できるようになります。この結果、職場環境改善対策もより効果的に進めることが可能となります。

プレスリリース詳細